チーズの塩分

きほん知識

チーズの塩分が気になるのですが。

チーズの塩分は少ないものから多いものまでさまざまです。たとえばプロセスチーズでは、100g中食塩相当量は2.8g。1回に食べる量で考えると、チーズ1切れ(20g)は0.6gです。ナチュラルチーズは、製造過程で食塩を加えていますが、その目的は味つけと有害菌の繁殖をおさえ正常に発酵熟成させるためです。食塩を減らすと熟成がうまく行なわれなくなり保存性も悪くなります。ブルーチーズやパルメザンチーズなどは食塩が多く含まれていますが、1食あたりでは多くありません。
プロセスチーズの塩分は製造時に添加するものではなく、原料のナチュラルチーズに由来しています。

塩分の少ないチーズとしては、クリームチーズ、カッテージチーズ、モッツァレラチーズなどのフレッシュチーズがあげられます。料理に使うときは、チーズの味をいかして調味料をひかえましょう。

チーズの食塩相当量

検索結果に戻る