乳酸菌飲料

きほん知識

乳酸菌飲料とはどういうものですか。また、どのような種類がありますか。

乳酸菌飲料は牛乳などを発酵させてから、甘味料、香料、果汁などを加えて、し好性を高めた飲み物です。食品衛生法にもとづく「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」(略して乳等省令)では、「乳等を乳酸菌又は酵母で発酵させたものを加工し、又は主要原料とした飲料(発酵乳を除く)」と定められています。
乳酸菌飲料は乳等省令で次の2つに分けられています。無脂乳固形分の量や乳酸菌の数がうので栄養に差があります。

種類別「乳製品乳酸菌飲料」

無脂乳固形分(牛乳から乳脂肪分と水分を除いた成分)を3.0%以上含み、乳酸菌数又は酵母数が1000万/ml以上のもの。生菌タイプと殺菌タイプがあります。殺菌タイプは、発酵後加熱殺菌して保存性を高めたものでそのまま飲むものと、うすめて飲むものがあります。

種類別「乳酸菌飲料」

無脂乳固形分が3.0%未満で、乳酸菌数又は酵母数が100万/ml以上のもの。

種類別「乳製品乳酸菌飲料」と種類別「乳酸菌飲料」の比較

牛乳タイプの乳製品乳酸菌飲料

酸味も甘味もなく、牛乳のような味の種類別「乳製品乳酸菌飲料」があります。
これは牛乳に乳酸菌やビフィズス菌などを加えてあり、整腸作用も期待できる飲み物で、宅配専用です。

検索結果に戻る