ヨーグルトの保存方法

きほん知識

ヨーグルトを上手に保存するにはどうすればよいでしょうか。

ヨーグルトの乳酸菌は生きているので、保存温度の低いほうが発酵の進みが遅く、製造時の新鮮な味を保つことができます。

保存温度は10℃以下で

温度が高いと乳酸菌の活動が活発になって酸度が高くなり、味が酸っぱくなるとともに水分(ホエー)が分離する原因になります。微凍結から氷温の温度を有するチルドルーム・氷温室や直接冷気の当たる場所で保存すると凍結する場合があり、ヨーグルトの組織が不安定になります。凍結したヨーグルトを解凍すると、水分(ホエー)が分離して元の滑らかな組織には戻りません。
このような場所を避けて10℃以下の冷蔵庫で保存してください。

振動を加えないで

ヨーグルトに振動を加えると、水分(ホエー)が出てきます。冷蔵庫で保存するときは、ドアの部分には入れないでください。

ふたはしっかりと閉めましょう

ふたが開いていると、空気中の雑菌が入り風味が変わりカビが生える原因にもなります。また、他の乳製品と同様、においを吸着しやすくなります。

賞味期限とは、未開封で冷蔵保存しておいしく食べられる期限のことです。開封後はなるべく早く食べてください。

検索結果に戻る