フローズンヨーグルト

きほん知識

フローズンヨーグルトは、どのようなものですか。

フローズンヨーグルトは、1970年代、アメリカで健康食品として開発されました。アイスクリームに比べ低脂肪なのがうけ、また乳酸菌も含まれているので健康志向の時代に合った栄養食品として拡がりました。

成分規格

フローズンヨーグルトは、種類別「発酵乳」です。「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」(略して乳等省令)により、「乳又はこれと同等以上の※無脂乳固形分を含む乳等を乳酸菌又は酵母で発酵させ、糊状または液状にしたもの又はこれらを凍結したものをいう」と定められています。成分規格は、「無脂乳固形分8.0%以上、乳酸菌数又は酵母数1000万/ml以上」と規定されています。
一見、アイスクリームと似ていますが、アイスクリームは乳脂肪分8.0%以上含むものと規定されているのに対して、フローズンヨーグルトには乳脂肪分の規定はありません。アイスクリームの濃厚なおいしさに比べると、低脂肪のものが多く、さっぱり感があります。乳酸発酵によりさわやかな風味もあり、乳酸菌の生理的効果も期待できます。

製造方法

原料乳に甘味、果汁などを加えたものを、乳酸菌で発酵させます。アイスクリームと同じように、フリーザーで高速撹拌しながら空気を混入して急冷し、ソフトクリーム状にします。これを、容器に充填して、冷凍室で凍結・硬化させて作ります。

保存中の乳酸菌数の変化

フローズンヨーグルトの乳酸菌は、凍結状態でも生きていて、乳等省令で規定されている生菌数を下まわることはありません。

※無脂乳固形分とは、牛乳から乳脂肪分と水分を除いた成分。フローズンヨーグルトヨーグルトとしてなら生菌数が基準内。

-14℃保存における生菌数の推移

検索結果に戻る