ヨーグルトの種類

きほん知識

ヨーグルトにはどんな種類がありますか。また、栄養は違うのですか。

いろいろなタイプのヨーグルトがありますが、栄養的にはどのタイプでも、たんぱく質やカルシウムの量や乳酸菌の効果は、ほぼ同じです。種類別「発酵乳」の成分規格は「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」により、無脂乳固形分(牛乳から乳脂肪分と水分を除いた成分8.0%以上、乳酸菌数又は酵母数1000万/ml以上と定められています。ただし、発酵させた後に殺菌したもの(殺菌済み発酵乳)は、乳酸菌又は酵母数の成分規格は対象外となります。

乳酸菌の生理的効用

  • おなかの調子を整える
  • 腸内の有害物質をおさえ免疫力を高める
  • たんぱく質、カルシウムの消化吸収をよくする

ヨーグルトの種類

  • 食べるヨーグルト(糊状)
    牛乳などを乳酸菌で発酵させただけのものをプレーンヨーグルトといいます。寒天やゼラチンで固めたり、フルーツを加えたりしたものもあります。
  • のむヨーグルト(液状)
    のむヨーグルトは種類別「発酵乳」で、牛乳と同じように無脂乳固形分(牛乳から乳脂肪分と水分を除いた成分)は8.0%以上と定められています。牛乳、脱脂粉乳などを原料にしており、発酵後、固まったヨーグルトを撹拌し液状にしたものです。
  • フローズンヨーグルト(凍結状)
    発酵したヨーグルトを撹拌しながら空気を混入して凍結したものです。冷凍保存中も規格で定められた数の乳酸菌は生きています。

のむヨーグルトは、牛乳とほぼ同じ量のたんぱく質、カルシウムを摂取できます。牛乳に比べ一般的に低脂肪ですが、甘味を加えているものがほとんどなので、エネルギーは大差ありません。加えて乳酸菌(1000万/ml以上)が含まれているので生理的効用も期待できます。

この他、種類別「乳酸菌飲料」は、成分規格が無脂乳固形分3.0%以上、乳酸菌数又は酵母数1000万/ml以上と定められています。発酵乳よりも栄養値は低いですが、飲みやすく、乳酸菌の効果はほぼ同じです。発酵させた後に殺菌した殺菌乳酸菌飲料は、乳酸菌又は酵母数の成分規格は対象外となります。

ヨーグルトの栄養

検索結果に戻る