学校給食と牛乳

きほん知識

学校給食で牛乳を飲むようになったのはいつからですか。

昭和21年に脱脂粉乳をお湯で溶いたミルク給食が始まり、昭和33年には、国産牛乳を飲むようになりました。

1889年(明治22)
山形県鶴岡町私立忠愛小学校で、貧困児童のために無料で、おにぎりと焼魚、漬物の昼食を用意。(日本の学校給食の始まり)
1919年(大正8)
東京の小学校で栄養パンの学校給食開始。
1944年(昭和19)
この頃までの給食は貧困、虚弱児童を対象とした。第2次世界大戦のため、食糧事情悪化で学校給食を中断。
1946年(昭和21)
東京、神奈川、千葉の小学生25万人に脱脂粉乳の給食を開始。アメリカ民間団体の援助によるララ物資で週2~3回、ミルクとおかずの給食。ミルクは、脱脂粉乳22gを180mlに溶かしたもの。
1947年(昭和22)
ミルクとおかずの給食を全国的に実施。
1950年(昭和25)
パン、ミルク、おかずの完全給食を小学校で開始。
1954年(昭和29)
「学校給食法」成立。これにより、学校給食が教育の一環として位置づけられる。
1956年(昭和31)
夜間定時制高等学校、中学校で給食開始。
1958年(昭和33)
一部地域で脱脂粉乳に代わって国産牛乳を飲み始める。
1964年(昭和39)
1年を通じて、国産牛乳を飲むようになる。
1970年(昭和45)
学校給食用牛乳180mlを200mlとすることに決定。200mlが基本ですが、地域、学校によっては250ml、300ml飲んでいる学校もあります。

学校給食では紙パック牛乳が75.9%、ビン牛乳が24.0%(独立行政法人農畜産業振興機構平成25年度調査)となっています。また、飲む以外に調理にも利用されています。

検索結果に戻る