牛乳の歴史

きほん知識

日本人が牛乳を飲むようになったのは、いつ頃からですか。

牛乳飲用の歴史

【飛鳥・奈良時代】

645年
大化の改新のころ、百済(くだら)からきた帰化人の子孫、善那(ぜんな)が孝徳天皇に牛乳を献上したのが始まりといわれています。(新撰姓氏録より)
701年
大宝律令で、官制の乳戸(にゅうこ)という一定数の酪農家が都の近くに集められ、皇族用の搾乳場が定められました。
718年
元正天皇の時代、牛乳を煮詰めて作る「蘇(酥)」の献上を七道諸国に命じました。

【平安時代】

927年
醍醐天皇の時代、「貢蘇の儀」の順番、献上する容器を、法典「延喜式(えんぎしき)」に定めました。
「醍醐」とは涅槃経(ねはんきょう)の“乳は酪となり、酪は生酥となり、生酥は熟酥となり、熟酥は醍醐となる、醍醐最上なり”からきた言葉です。
984年
日本で一番古い医術書「医心方(いしんぽう)」には、“乳は全身の衰弱を補い、通じをよくし、皮膚をなめらかに美しくする”と古代乳製品の効用と解説が記されています。皇族から始まった牛乳飲用は、藤原一族から広く貴族の間に広まりました。天皇、皇后、皇太子で1日約2.3リットルを供し、余りは煮つめて保存のよい蘇を作ったと記されています。
このように広まった牛乳飲用ですが、平安末期、武士が勢力を持つようになると朝廷の力も次第に弱まり、「貢蘇の儀」もすたれていきました。戦が多くなると、牛より馬が重宝されるようになり、牛乳も次第に飲まれなくなりました。

【江戸時代】

1596年
海外の宣教師が、貧民の幼児を集めて牛乳を飲ませる乳児院を長崎に建てましたが、キリシタン弾圧で廃止されました。1727年8代将軍吉宗は、オランダ人商館長に馬の医療用として牛乳の必要性を教えられ、インドから白牛3頭を輸入して千葉県安房郡で飼育を始めました。これが近代酪農の始まりといわれています。
開国して外国人が住むようになると、牛乳の必要性が一層高くなりました。1866年前田留吉は、オランダ人から牛の飼育、搾乳を習い、横浜に牧場をひらき、牛乳の販売を始めました。

【明治・大正・昭和時代】

1868年(明治1)
生乳をブリキ缶に入れて持ち運び、ヒシャクで5勺(90ml)ずつの量り売りが始まりました。
1869年(明治2)
横浜で町田房造が、日本人で初めてアイスクリームを製造販売。
1871年(明治4)
“天皇が毎日2回ずつ牛乳を飲む”という記事が「新聞雑誌」に載ると、国民の間にも牛乳飲用が広まるようになりました。
1872年(明治5)
京都府牧畜場でボートル(バター)、粉乳を製造販売。
1888年(明治21)
東京の津田牛乳店が初めてガラスビンを使用。
1904年(明治37)
函館トラピスト修道院でチーズを製造。
1914年(大正3)
ミツワ石鹸がヨーグルトを製造販売。
1920年(大正9)
守山商会がコーヒー牛乳を製造販売。
1928年(昭和3)
警視庁が牛乳の殺菌を義務化。
1951年(昭和26)
厚生省令第52号「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」を公布。

検索結果に戻る