乳牛が乳を出す期間と量

きほん知識

乳牛はいつでも乳が出るのですか。

いいえ、牛乳は仔牛を育てるためのものですから、仔牛を生んだ母牛しか乳は出ません。
ホルスタイン種の場合、仔牛は生まれたときの体重は40kgくらいですが、メス牛は9~13か月すると260kgくらいになり、思春期に入ります。しかし、まだ成長途中で体重はどんどん増加し、15か月くらいで体重が約350kgになると、受胎させます。成牛になると600kg前後にもなります。

妊娠期間は人間と同じ約280日で、仔牛が生まれます。母牛の乳頭は4つありますが、生まれるのはふつう1頭です。仔牛が生まれると乳が出始めます。初めて出るのは、初乳といって特別な乳です。たんぱく質が特に多く色も濃くて、仔牛に免疫能力を与える免疫グロブリンも含まれています。この分娩後5日以内の乳は成分がふつうの乳と著しく違い、飲用には使えないので、「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」により販売が禁止されています。
乳量は、始めは1日約20kgですが、2か月後には約30kgになります。牛は出産後、1か月を過ぎると次の妊娠が可能になります。産後1~3か月でまた次の受胎をさせ、1年に1回出産させることが理想的です。妊娠5か月くらいから乳量が減ってきますし、次の出産に備えるために、分娩前2か月位で乳を搾るのをやめます。
日本では乳牛の99%以上がホルスタイン種で、1頭当たりの乳量は平均すると1年で約8,000kg強です。なかには、20,000~26,000kgも出すスーパーカウとよばれる牛もいます。

乳牛の一生と搾乳期間

検索結果に戻る