ミルクシェイクに合う果物

きほん知識

パイナップルでミルクシェイクを作ったら苦くなりました、なぜですか。

生のパイナップルには、ブロメラインというたんぱく質分解酵素が含まれています。この酵素が牛乳中のたんぱく質を苦味のあるペプチドに分解するので、ミルクシェイクが苦くなるのです。パイナップルの他にも、パパイアにはパパイン、メロンにはククミシン、キウイフルーツにはアクチニダインというたんぱく質分解酵素が含まれており、同じように、牛乳と 混ぜた直後から30分くらいで、苦味が出てきます。
しかし、これらの果物を加熱したり、缶詰を利用すると、加熱により酵素の活性が失われているので、たんぱく質の分解がおこらず、おいしくできます。果物を電子レンジで加熱すると、栄養の損失も少なく手軽にできます。生で冷凍保存した果物は酵素が生きているので、新鮮な果物と同じように苦味を生じます。
牛乳の代わりにヨーグルトを利用しても苦味が出ます。ヨーグルトにも、牛乳と同じたんぱく質が含まれているので、分解酵素が働いてしまうからです。

バナナシェイクのレシピ

  • バナナ…2本
  • 牛乳…500ml
  • レモン汁…大さじ1~2
  • 砂糖…大さじ2

バナナは一口大に切り、材料全部をミキサーに2~3分かける。

検索結果に戻る