牛乳を飲むとおなかがゴロゴロする理由

きほん知識

牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなるのはなぜですか。

牛乳中の糖質である乳糖を消化する酵素(乳糖分解酵素=ラクターゼ)が少ないか、働きが弱いためです。
特に、激しい下痢を起こす症状を「乳糖不耐症」といいます。乳糖は哺乳類の乳に多く含まれており、乳幼児期は乳糖分解酵素の働きが活発なのですが、大人になるにつれて弱くなる人がいます。
乳糖はラクターゼにより、小腸でぶどう糖(グルコース)とガラクトースに分解され、そこで吸収されてエネルギー源として役立ちます。ところが、乳糖が分解されずに大腸に運ばれると、腸内細菌が乳糖を分解してガスを出し腸を圧迫したり、多量の水分が一気に大腸に送られ下痢をするのです。牛乳中の栄養が吸収されないのでは、と心配する人もいますが、カルシウムなどの栄養は、その前に小腸できちんと吸収されています。牛乳に限らず冷たい飲みものを一気に飲むと、腸を刺激しておなかがゆるくなりがちです。また、「牛乳を飲むと下痢をする」と自己暗示にかかり下痢をしてしまう人もいます。

おなかがゴロゴロする人は、次のような方法を試してみてください。

少しずつゆっくり飲む

「牛乳は噛んで飲め」といわれてきました。少しずつゆっくり飲めば、分解酵素の働きが弱くても消化できます。また、人肌くらいに温めて飲むことで、腸への刺激も弱まります。飲む量を少量から始めて増やしていくと、牛乳が飲めるようになる場合もあります。

他の食品といっしょに摂る

牛乳単独で摂るより影響は少なくなります。

乳糖を分解してある乳飲料などを選ぶ

乳糖をあらかじめ、ぶどう糖とガラクトースに分解してある乳飲料やスキムミルクが市販されています。

ヨーグルトやチーズを食べる

ヨーグルトは牛乳に乳酸菌を加えて発酵させたものです。乳酸菌自体がラクターゼをもっているので、乳糖が一部分解されています。また、チーズは製造工程で乳糖がほとんど除かれています。

検索結果に戻る