牛乳のエネルギー

きほん知識

牛乳を飲むと太りますか。

牛乳200mlには、138キロカロリーのエネルギーがあります。しかし、これは肥満の原因になるほど多量のエネルギーではありません。
太るということはエネルギーの摂りすぎにほかなりません。食べ物から摂るエネルギーが、使うエネルギーより多くなると、余分な糖質や脂肪などが、皮下や内臓のまわりに体脂肪となって蓄積される現象です。高エネルギーの食事を摂っても、スポーツや労働でそれ以上のエネルギーを使えば、太ることはありません。
私たちが1日に必要とするエネルギーは、性別、年齢、運動量などによって違います。例えば20歳代の女性の場合、牛乳200mlのエネルギー138kcalは、1日に必要なエネルギー量1950kcalの7%です。
また、食品は単にエネルギーだけでなく、含まれる栄養素との関連で考えることが大切です。牛乳はエネルギー以外に、たんぱく質、カルシウム、ビタミンAやB2などの優れた供給源としても知られています。牛乳200ml飲むと、摂れるカルシウムは227mg。わずか7%のエネルギーで、1日に摂りたい量の35%のカルシウムが摂れるのです。しかも、牛乳のたんぱく質は、必須アミノ酸をバランスよく含む良質なたんぱく質なので、その価値は高いものです。

牛乳を飲んでも太らないという調査があります。
「牛乳を飲むと太る」と誤解している人が少なくありません。その誤解の原因の一つが牛乳の栄養価の高さです。しかし「栄養価が高い=高カロリー」ということではありません。
牛乳は同量の豆腐とカロリーも脂肪量もほぼ同じなのです。

少ないエネルギーで大切な栄養を摂れるのが牛乳です。牛乳こそ体を作り維持するのに最適 な食品です。賢いダイエットに欠かすことはできません。

牛乳200mlの栄養

検索結果に戻る