LL牛乳(ロングライフミルク)

きほん知識

「常温保存可能品」と表示された牛乳は、要冷蔵の牛乳とどこが違うのですか。なぜ、常温で長期間もつのですか。

LL牛乳ともよばれる「常温保存可能品」は要冷蔵の牛乳と栄養には差がありません。保存料などの添加物は、一切使われていませんが、加熱殺菌や充填の工程に次のような違いがあります。

殺菌温度が高いこと

要冷蔵の牛乳は、120~130℃、1~3 秒間殺菌しますが、LL 牛乳は130~150℃、1~3 秒間で滅菌します。

容器が違うこと

LL 牛乳に使用するアセプティック容器は、紙容器にアルミ箔を貼り合わせ、光と空気を遮断しています。(下図)

無菌的に充填すること

清浄エアーを送り込んだ無菌環境下で、滅菌した容器に、加熱滅菌した牛乳を無菌状態で充填します。

それ以外にも、生乳の細菌数、アルコール試験、容器の破裂強度など、常温で保存できるように食品衛生法の「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」(略して乳等省令)により基準が定められています。

LL 牛乳は1985 年7 月に乳等省令が改正になり、常温保存できるようになりました。賞味期限までは、常温保存でおいしく飲めますので、レジャーなど屋外への携帯や保存用にも適しています。なお、開封後は普通の牛乳と同様、10℃以下で冷蔵保存し早めに飲んでください。

ポリエチレンコート アルミ箔 紙

常温とは

厚生労働省の「常温保存可能品に関する運用上の注意」では「常温とは、夏期において外気温を超えない温度」としています。

検索結果に戻る