乳飲料

きほん知識

「乳飲料」とはどのようなものですか。

種類別乳飲料は生乳や乳製品を主原料に、ミネラル、ビタミン、コーヒー、果汁などの乳製品以外のものを加えています。
乳飲料には、「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」による成分の定めはありませんが、「飲用乳の表示に関する公正競争規約」によって、乳固形分(※無脂乳固形分と乳脂肪分を合わせたもの)を3.0%以上含むことと定められています。 主に次のものがあります。

【栄養強化タイプ】

カルシウムを加えたものが多いです。鉄、ビタミンD・E、食物繊維、オリゴ糖など本来牛乳に含まれていない、または少ない成分を加えたものもあります。

【し好タイプ】

コーヒー、果汁、甘味などを加えたもの。

【乳糖分解タイプ】

日本人には牛乳を飲むとおなかがゴロゴロする人が多いといわれます。その原因である乳糖の一部を酵素で分解しています。乳糖がグルコース(ぶどう糖)とガラクトースに分解されているので、甘味があります。

牛乳の乳固形分は約12%です。乳飲料は乳固形分として3.0%以上と定められているので、牛乳と同程度から1/4 くらいのものまでいろいろあります。
含まれる原材料などについては、容器の一括表示欄に記載されています。

※無脂乳固形分とは、牛乳から乳脂肪分と水分を除いた成分

検索結果に戻る