加工乳

きほん知識

「加工乳」とはどのようなものですか。

種類別加工乳は生乳に脱脂乳、脱脂粉乳、濃縮乳、クリーム、バターなどの乳製品を加えたものです。加えることができる乳製品は「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」(略して乳等省令)によって定められています。
成分規格は、乳等省令によって無脂乳固形分(牛乳から乳脂肪分と水分を除いた成分)は8.0%以上と規定されていますが、乳脂肪分の規定はありません。
主に乳脂肪分を少なくした低脂肪タイプと、成分を濃くした濃厚タイプがあります。

【低脂肪タイプ】

脱脂乳などを加えて乳脂肪分を少なくしたものです。牛乳よりエネルギーは少ないですが、たんぱく質、カルシウムなどの無脂乳固形分は多く含まれています。「カルシウムは摂りたい」「脂肪はひかえたい」という人にはピッタリのものです。乳脂肪分は1.0~1.5%、無脂乳固形分は8.5~10.0%のものがほとんどです。

【濃厚タイプ】

牛乳よりもさらにコクのある味を好む人のために、生乳に濃縮乳、クリーム、バターなどを加えたものです。脂肪、たんぱく質、カルシウムなどの各成分が多くなっているので、栄養価も高く風味にも濃厚感が増します。乳脂肪分は4.0~4.6%、無脂乳固形分は8.5~10.5%程度のものが一般的です。

流通量は少ないですが、乳脂肪分0.5%未満の無脂肪タイプもあります。
使用している乳製品は、多いものから順に一括表示欄に記載してあります。

検索結果に戻る