成分調整牛乳

きほん知識

「成分調整牛乳」とは、どんな牛乳ですか?

成分調整牛乳とは、生乳から乳脂肪その他乳成分の一部を除去したものと定義されています。

【種類別 成分調整牛乳】

生乳から水分、乳脂肪分、ミネラルなどの一部を除去し、成分を調整したもの。無脂乳固形分(牛乳から乳脂肪分と水分を除いた成分)は8.0%以上ですが、乳脂肪分の規定はありません。
遠心分離により乳脂肪の一部を除去し種類別牛乳より乳脂肪を控えたものや、膜処理技術で水分の一部を除去し種類別牛乳より成分が濃厚なものなどがあります。
成分調整牛乳のうち、食品表示法の食品表示基準にもとづき、乳脂肪分1.5%以下のものは次のようになります。

【種類別 低脂肪牛乳】

生乳から乳脂肪分の一部を除去し、乳脂肪分を0.5%以上1.5%以下にしたものです。

【種類別 無脂肪牛乳】

生乳から乳脂肪分をほとんど除去し、乳脂肪分を0.5%未満にしたものです。

いずれも「牛乳」の文字があるので、生乳100%を原料に作られたものです。

検索結果に戻る