牛乳の成分無調整

きほん知識

「成分無調整」と書かれた牛乳がありますが、どういう意味ですか?

牛乳の製造工程で成分を調整していないということです。法的に決められたものではなく、メーカーが自主的に特徴を示す言葉として、つけているものです。成分無調整と表示されていなくても、種類別牛乳はすべて「成分無調整」です。
種類別牛乳は、「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」により、乳脂肪分3.0%以上、無脂乳固形分(牛乳から乳脂肪分と水分を除いた残りの成分)8.0%以上あるものと規定されています。生乳の成分は乳牛の品種、個体、飼料、地域、季節、泌乳期などにより変動があり、特に冬のほうが夏より、乳脂肪分や無脂乳固形分が多くなる傾向がみられます。

下のグラフは、季節による平均的な成分変化を表したものです。

季節による生乳の平均的成分変化

検索結果に戻る