牛乳乳製品の基本

きほん知識

「牛乳」と呼ばれている製品にはいろいろな種類があるようですが、どのようなものがありますか。

一般に牛乳類と呼ばれている製品には、種類別牛乳・成分調整牛乳・低脂肪牛乳・無脂肪牛乳・加工乳・乳飲料があります。そのほか、一般にはあまり市販されていませんが特別牛乳もあります。成分規格や表示などは、食品衛生法にもとづく「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」(略して乳等省令)で規定されており、さらに表示については、牛乳業界が自 主的に規制する「飲用乳の表示に関する公正競争規約」(略して公正競争規約)で詳しく定められています。

【牛乳】

乳等省令では直接飲用する目的で販売する牛の乳を言い、無脂乳固形分8.0%以上、乳脂肪分3.0%以上の成分を含有するものです。使用できる原材料は生乳のみで、水や他の原材料は混ぜてはならないとされています。

【成分調整牛乳】

生乳から成分(水分、乳脂肪分等)の一部を除去したものです。
原材料は生乳のみで、無脂乳固形分は8.0%以上です。

【低脂肪牛乳】

成分調整牛乳であって乳脂肪分が0.5%以上1.5%以下のものを言います。

【無脂肪牛乳】

成分調整牛乳であって乳脂肪分が0.5%未満のものを言います。

【加工乳】

無脂乳固形分は「牛乳」と同じ8.0%以上で、使用する原材料が生乳、牛乳、特別牛乳、成分調整牛乳、低脂肪牛乳、無脂肪牛乳、全粉乳、脱脂粉乳、濃縮乳、脱脂濃縮乳、無糖練乳、無糖脱脂練乳、クリーム、(添加物を使用していない)バター、バターオイル、バターミルク、バターミルクパウダー及び水に限定されています。

【乳飲料】

乳固形分が3.0%以上と定められており、牛乳の成分以外の原材料の使用が認められているものです。

検索結果に戻る