牛乳アレルギーの方は、使用済み紙パックにも触らない方がいい?

消費者相談室への相談事例

牛乳アレルギーがある方が牛乳パックのリサイクルを行う場合や使用済みの牛乳パックを工作に用いる際にどのような注意が必要ですか?
食物アレルギーの患者さんのなかには、ごく少量の原因物質に”触れた”だけでもアレルギー症状を起こす方がいらっしゃいます。原因物質を”食べる”だけでなく、”吸い込む”ことや”触れる”ことも症状発症の原因となることが知られています。 使用後の牛乳パックを解体、洗浄、回収するリサイクル活動の際に、牛乳パックに残った牛乳が周囲に飛び散り、微量の牛乳に触れたことにより重篤なアレルギー症状(アナフィラキシー等)を起こす方がいらっしゃいます。 また、使用済みの牛乳パックを用いて工作を行う場合も、残存した微量の乳成分に触れることにより上記のアレルギー症状がでることがありますので、牛乳アレルギーがある場合には充分ご注意ください。

検索結果に戻る