牛乳は、なぜ白いの?

消費者相談室への相談事例

牛乳の色は、どうして白いのですか。

牛乳が白く見えるのは牛乳に含まれるたんぱく質や脂肪の粒子が光を乱反射するためです。牛乳1ml中にたんぱく質の主成分であるカゼイン粒子は5~15兆個、脂肪の粒子は20~60億個浮遊しています。無脂肪牛乳であってもたんぱく質粒子が多く含まれますので、白く見えます。

検索結果に戻る