植物性乳酸菌のヨーグルトとは?

相談室への相談事例

植物性乳酸菌のヨーグルトは、普通の乳酸菌のヨーグルトと違うのですか。

乳酸菌とは糖から乳酸を作る微生物の総称で、自然界のいろいろな場所で生育しています。特に植物やヒト、動物の腸などにも多くすみついている他に、伝統的な発酵食品のヨーグルトや漬物、味噌などでは、乳酸菌の発酵によって、独特のおいしい風味を与えています。

この乳酸菌にはいろいろな種類があり、分類をする場合は、細胞の形や生化学的性質、ゲノム情報など科学的見地に基づいた多くのデータによって、菌属、菌種、菌株が定められます。

では、「植物性乳酸菌」「動物性乳酸菌」は何かというと、生息していた場所が植物由来か動物由来かということで呼んでいるのです。

一般的に、発酵乳(ヨーグルト)の製造には牛乳の発酵が得意な乳酸菌が使われ、漬物や味噌などの製造には、塩分の多い中でも発酵が得意な乳酸菌が使われます。それぞれの乳酸菌がその場所でしか生育できないのではありません。植物を発酵させるのが得意な乳酸菌でも牛乳を発酵させることができるため、植物由来の乳酸菌を使ったヨーグルトも販売されています。

「植物性」だから「動物性」だからといって“おいしい”とか“体にいい”に優劣があるわけではありません。「おいしさ」や「乳酸菌との相性」は個人差がありますので、毎日食べ続けられる味で、食べ続ける習慣によって体調の良いものを選ぶとよいでしょう。

検索結果に戻る