牛乳が苦手でも飲める方法は?

消費者相談室への相談事例

牛乳が健康によいのは分かるのですが、苦手です。何かよい工夫はありますか。

苦手の理由はなんでしょうか?例えば独特のにおいは牛乳を殺菌する際の加熱臭であることがわかっています。現在その殺菌条件を工夫して、加熱臭が抑えられた牛乳も市販されています。また市販のジュースやサイダー、コーヒー、紅茶、ジャム、ゴマ、黄粉、抹茶を混ぜることもできます。何かと混ぜることにより食感が変化する場合もあります。自分なりの飲み方を探してみてはいかがでしょうか。また、無理に牛乳を飲まなくても、ヨーグルトやチーズが食べられるなら同じ効果が得られます。

牛乳であれば、アレンジはいかがでしょうか。思いがけないおいしさで驚くのが「麦茶オーレ」です。作り方をご紹介しますので、ぜひお試しください。

(作り方)
(1)鍋に水200mlを沸かし、麦茶パック1袋を3分ほど煮出してパックを取り出したら、砂糖大さじ3を加えて煮溶かし、シロップ状にします。
(2)牛乳150mlに出来上がったシロップ大さじ2を加えます。

検索結果に戻る