乳牛が乳を出し続けられるのはなぜ?

消費者相談室への相談事例

通常、牛は子どもを産まないと乳が出ないと思うのですが、牧場にいる乳牛がずっと乳を出し続けられているのは子どもを産んだからですか。それとも特別な改良をしているから産まなくても乳が出るのでしょうか。また、乳を搾った後の乳牛は食肉になるのですか。

乳牛(乳用牛)も他の哺乳類と同様、子どもを産まないと乳は出ません。ですから、牧場で乳が絞られている乳牛はすべて子どもを産んだ牛ということになります。乳を搾った後の乳牛は、だいたい4~5回出産後に食肉用として出荷されることになります。
通常分娩後10~12か月間、搾乳されますが、50日~60日をピークとして、乳の生産量は減少して行きます。なお、まれに次回の受胎が遅れたり、不受胎の場合は搾乳が10~12か月を越えて行われることもありますが、搾乳量が極端に少なくなることから、搾乳を中止するケースが多いと思われます(乾乳するという)。

検索結果に戻る