子どもでも牛乳でおなかがゴロゴロする?

消費者相談室への相談事例

大人は牛乳を飲むとおなかがゴロゴロする人がよくいますが、子どもでも同じなのでしょうか。 また、おなかがゴロゴロする場合の対処法はありますか。

「赤ちゃんは乳糖を消化するための乳糖分解酵素をたくさん持っていて、乳糖を栄養として利用できます。しかし、離乳後、年齢とともにその酵素の働きが弱くなったり、酵素の量が減ったりしてしまいます。すると、分解されない乳糖は小腸を通過し、大腸にまで達します。そのため、便中の水分が増えておなかが緩くなったり、腸内細菌が乳糖を分解して作ったガスが貯まっておなかがごろごろします。

検索結果に戻る