紙パック牛乳は、においがつきやすい?

消費者相談室への相談事例

紙パック牛乳はにおいがつきやすいと聞いたのですが、本当ですか。以前は木の箱に入れていたのでそのにおいが移ったということを聞いたのですが、未開封でにおいが移るというのはどうしてですか。

紙パックは、紙の裏表がポリエチレンでラミネートされているので液体は漏れませんが、空気の通りはあるので、他の食品、防虫剤、芳香剤等のにおいが移るということはありえます。
冷蔵庫の中ではキムチやぬか漬け、魚などにおいの強い食品は封をしっかりして、牛乳を近くに置かない、買い物後のお持ち帰りの際はにおいの強い食品だけではなく、防虫剤や芳香剤等と一緒の袋に入れないなど気をつけましょう。輸送の際、昔は木の箱に入れていたこともありますが、現在はプラスチック製の箱又はダンボール箱なので箱のにおいが移るということはないと思われます。開封後はなるべく早く、おいしいうちに飲んでください。

検索結果に戻る