「牛乳かん」のレシピを教えてください。

消費者相談室への相談事例

基本の「牛乳かん」のレシピを教えてください。寒天5gを使ったとき、牛乳はどのくらいの分量を使ったらよいですか。

決まった分量というのは特にありませんが、寒天パウダー(1袋4g)で作る場合、標準は水分量が500mlです。最近はゼリーや杏仁豆腐など、軟らかめのものが好まれていますので、水分500mlだと固めのものが出来上がります。水分量が600~800mlで、牛乳の量は300~600mlというレシピが一般的のようです。下記に基本的なレシピの一例をご紹介しますので、参考にしてみてください。

レシピ例
(材料)
寒天パウダー1袋(4g)、水200ml、牛乳400ml、砂糖60g
(作り方)
(1)鍋に水と寒天1袋を入れ火にかけます。
(2)沸騰したら、さらに2分ほどかき混ぜ煮溶かします。
(3)砂糖を加えて溶かし火を止め、牛乳を加えて混ぜ合わせます。
(4)型に流し入れ冷やし固めます。

(ポイント)
○牛乳で寒天を煮溶かすとうまく溶けない場合があるので、まず水に寒天を入れ2分間沸騰させて寒天液を作ります。砂糖を加えて溶かしてから火を止め牛乳を加えるとよいでしょう。
○フルーツを入れて固めたり上に飾ったものや、黒蜜、きなこ、フルーツソースをかけるなど多彩なレシピがありますので、砂糖の量はレシピに合わせて加減してください。40~60gくらいが適量です。

検索結果に戻る