「生クリーム」を泡立てるとき冷やすのはなぜ?

消費者相談室への相談事例

「生クリーム」(種類別クリーム)を泡立てるときに冷やすのはどうしてですか。

温度が高すぎると脂肪球などの状態が泡立てに適さず、クリームの中にうまく空気を抱き込むことができません。したがってクリームを泡立てる温度は5~8℃が適温となります。クリームを冷蔵庫で冷やし、ボウルやホイッパーも同時に冷やすと早くきれいに泡立てることができます。

検索結果に戻る