絞りたての牛乳を振るとなぜバターができるの?

消費者相談室への相談事例

牛から搾ったばかりのミルクを容器に入れて振ると、どうしてバターができるのですか。

バターは牛乳の中に含まれている乳脂肪を集めて作ります。目には見えませんが、乳脂肪は膜に包まれた脂肪球として存在します。牛乳を振ると、衝撃で膜が破れて中の脂肪が出てきて脂肪同士が結合して固まりができバターになります。搾りたての牛乳は、市販の牛乳のように脂肪球を小さくする工程(ホモゲナイズ)を施していませんので、振ることにより脂肪が結合しますが、ホモゲナイズを行っている市販の牛乳ではこれが生じないためバターを作ることはできません。

検索結果に戻る