牛乳の飲みすぎでカルシウムの石ができる?

消費者相談室への相談事例

水代わりに牛乳を毎日1リットル以上飲んでいた人が、“カルシウムの石”ができて手術をしたという話を聞きました。
1日の牛乳飲用量の限度はどれくらいですか。小さい頃から牛乳が大好きでいつも飲んでいて、今でもたくさん飲んでいるので心配です。

カルシウムの石ができるのは、カルシウムの摂りすぎよりは摂取不足でおこるとされています。
またカルシウムの摂取上限は一日に2500mgです。体内にあるカルシウムの99%は骨にあり、重さは約1kgになります。のこりの1%も体の中で非常に重要な働きをしています。カルシウムは体内になくてはならないミネラルで日々の骨の入れ替わりや神経伝達、筋収縮などに多様な働きをしています。そのため、カルシウムの摂取不足で血中のカルシウム量が低下すると必要なカルシウムは骨から溶出して使われます。この溶出が余計に起こると結石ができやすくなるのです。塩分の摂りすぎも尿中のカルシウム排出を促進し、結石を起きやすくします。またホウレンソウやココア、ナッツに含まれるシュウ酸は、カルシウムと結びつくと沈殿し結石のもとになりますが、食事の際にカルシウムを摂ることにより体内への吸収が阻害されます。一方、肉類を多く食べるとシュウ酸は体内へ吸収されやすくなり結石の原因となります。

検索結果に戻る