牛乳を飲むとおなかがゴロゴロするのはなぜ?

消費者相談室への相談事例

牛乳を飲むとおなかがゴロゴロしたり、痛くなるのはどうしてですか。

牛乳の中には「乳糖」という成分が含まれていますが、母乳の中にも多く含まれています。「乳糖」は体の中で乳糖分解酵素によって消化、吸収されて私たちの栄養になります。乳糖分解酵素は、赤ちゃんのときはたくさん分泌されますが、離乳後減っていき、大人では少ししか出ない人がいます。乳糖は分解されないと吸収できないので、そのまま大腸に到達します。腸内細菌で分解され腸の運動が活発になったり、残った乳糖が便の水分量を上げるのでおなかがゴロゴロしたり、痛くなったりします。少しずつ飲んだり、温めて飲んだりすることにより、だんだんとお腹の調子を気にせずに飲めるようになる人が多いようです。

検索結果に戻る