「豆乳ヨーグルト」も「ヨーグルト」といえるの?

相談室への相談事例

「豆乳ヨーグルト」で原材料に乳製品が使われていないものは、「ヨーグルト」といえるのでしょうか。
その品は“名称 発酵豆乳食品(生菓子)”と表示されていました。乳製品の「ヨーグルト」と同じように思われるため、紛らわしいのではないでしょうか。

日本では「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」において、ヨーグルトを「発酵乳」と位置づけており、“乳又はこれと同等以上の無脂乳固形分を含む乳等を乳酸菌又は酵母で発酵させたもの”と規定しています。
一方、FAO及びWHOにより設置されたコーデックス委員会が定める国際食品規格において「発酵乳」は“乳にスターター(乳酸菌や酵母)を用いて発酵を行った「ヨーグルト」「ケフィア」「クーミス」など特徴づけられた製品“と規定しており、ヨーグルトは乳を用いることが前提となっています。
また、「はっ酵乳、乳酸菌飲料の表示に関する公正競争規約」では、発酵乳ではない乳酸菌飲料に「○○ヨーグルト」と表示することは禁止されています。

したがって、発酵豆乳食品に「豆乳ヨーグルト」という商品名を使用することは不可とは言えませんが、日本乳業協会としては、発酵乳ではない製品に「○○ヨーグルト」と表示することは適切ではないと考えます。

検索結果に戻る