牛乳飲用の効果を説明するには?

消費者相談室への相談事例

保育園で牛乳を飲ませているのですが、3歳児の母親から「どうして牛乳を飲ませるのか」と批判されました。
うまく説明できる文献などはありますか。

子どもに牛乳栄養が必要な理由は、以下のとおりです。(1)3歳児は成長が著しい時期なので、バランスのよい栄養素摂取が必要で牛乳は栄養素バランスに優れた食品です。(2)3歳から5歳児にはカルシウムが1日550~600mgくらい必要で、大人とほとん変わりません。これだけのカルシウム量を補給するのに非常に手軽でしかも吸収率も高いのが牛乳です。(3)食事量が少ない幼児に、牛乳以外から大人と同じくらいのカルシウムを摂取するのは非常に難しいため、牛乳をおすすめします。(4)牛乳にはカルシウムだけでなく、成長ビタミンといわれるビタミンB2も多く、1本あたり0.31mg含んでいるので、ビタミンB2の推奨量0.8mgの1/3強を摂ることができ、良質のたんぱく質も摂取できます。牛乳の飲用を否定する方の中には、間違って理解している場合も多いので、その理由をたずねて個別に説明するのが望ましいと思われます。

検索結果に戻る