「低温殺菌」の定義は?

消費者相談室への相談事例

「低温殺菌牛乳」は、通常63~65℃で30 分加熱を行なっているそうですが、この条件から外れたもの、例えば70℃での殺菌でも「低温殺菌」といえるのですか。

全国飲用牛乳公正取引協議会が制定している「飲用乳の表示に関する公正競争規約及び同施行規則」(消費者庁と公正取引委員会の認定をうけた業界の自主規制)にて、「低温殺菌」は保持式により63~65℃で30分加熱殺菌する方法又は「連続式等により65~68℃で30分間加熱殺菌する方法」とされています。上記の条件から外れるものは「低温殺菌牛乳」とはいえません。ちなみに、牛乳の殺菌条件として採用されているものは以下のとおりです。
(1)63~65℃30分低温保持殺菌(LTLT)
(2)75℃以上15分以上高温保持殺菌(HTLT)
(3)72℃以上15秒以上高温短時間殺菌(HTST)
(4)120~150℃1~3秒超高温瞬間殺菌(UHT)
(1)~(4)の条件から外れる場合、例えば70℃で30分の殺菌条件の表示などについて詳しくは、飲用牛乳公正取引協議会にお問合せください。

検索結果に戻る