手作りヨーグルトの衛生面は大丈夫?

消費者相談室への相談事例

人からもらったタネで手作りヨーグルトを5年も作り続けているのですが、衛生面で不安もあります。このまま作り続けても大丈夫なのでしょうか。

手作りヨーグルトの材料となる牛乳は、中性で栄養分も多く開封後は微生物が繁殖しやすい食品です。ヨーグルトを製造するときには、清潔でよく整備された環境で乳酸菌は原料に添加されます。それと同等の作業をご家庭で行うのはなかなか困難です。市販のヨーグルトを種として作っても、ヨーグルトはできますが含まれる乳酸菌が製品と同じくらいに増えることは稀です。
植え継ぎの途中で元とは違う菌が入り増殖している場合もあるといわれています。それでも継代培養をして手作りヨーグルトをつくられる場合には、使用する器具を熱湯消毒するなど他の菌が混入に充分注意してください。
市販されている種菌(たねきん)を使って作る場合には、温度管理などそのやり方にしたがって行ってください。

検索結果に戻る