草を食べる牛の乳になぜ脂肪が含まれるの?

消費者相談室への相談事例

もともと草には脂肪はほとんどないはずなのに、牛乳には乳脂肪が含まれています。その乳脂肪はどこから来たものなのですか?草に含まれる成分の何がどう移行するかを教えてください。

牛が食べた飼料の草などは、4つある胃のうちまずルーメンという第一胃に行きます。第一胃には多くの微生物がいて、飼料を分解・発酵します。この過程で飼料に含まれる炭水化物から酢酸や酪酸などの短鎖脂肪酸が作られ、ルーメン壁から吸収されて乳腺細胞に運ばれます。一方、粗飼料(草)や濃厚飼料(穀類)に含まれる微量の脂肪分は、主に消化液で分解され脂肪酸となり、小腸壁から吸収され乳腺細胞に運ばれます。乳腺細胞に運ばれたこれらの脂肪酸は、乳脂肪へと合成されます。これが牛乳中に含まれる脂肪の約90%です。そのほかに体に蓄積された体脂肪は、血液中に長鎖脂肪酸として遊離し、乳腺細胞に運ばれ乳脂肪になります。

検索結果に戻る