「低脂肪牛乳」に「切り欠き」がないのはなぜ?

消費者相談室への相談事例

「低脂肪牛乳」のパックには、普通の「牛乳」にはある「切り欠き」がありませんがどうしてですか。

「切り欠き」はバリアフリー対応容器として、目の不自由な方が、牛乳と他の飲料を区別でき、また切り欠きの付いている反対側が空け口とわかるもので、中身が生乳100%の「種類別牛乳」だけにつけられますが、任意表示なので、すべてのメ-カーがつけているわけではありません。

バリアフリー社会実現への取組が進展するなか、農林水産省で平成5~7年度の3カ年、視覚障害者の食品へのアクセス改善を図るための実態把握・改善手法の検討が行われました。この実態調査の中で「飲み物容器に関する不便さ調査」が発表され、紙パック飲料への不便さが一番多く、紙パック飲料では牛乳と他の飲料との区別を望む声が76.8%と際だって高い回答が得られました。

視覚障害者が、日常の食生活で、同じ形の紙パックの中身がわからないことに不便を感じているという調査結果をうけ、業界団体や行政、個人が協力し、検討を続けました。
その結果、2001年から紙パックの牛乳に「切り欠き」がつけられるようになりました。

切り欠き

■この規格はJIS規格(日本工業規格「高齢者・障害者配慮設計指針-包装・容器」)に基づいたものです。
[実施基準]
1.対象商品種類別「牛乳」のみとする。
2.識別方法扇状の「切り欠き」を1個とする。
3.識別規格・位置「切り欠き」の半径Rは2.5mm又は6.5mmとし、開口部の反対側とする。
4.対象容器500ml以上の家庭用紙パック(屋根型容器)とする。

(一般社団法人Jミルクj-milkホームページより転記)

検索結果に戻る