コーヒーを飲みすぎるとカルシウムを吸収しにくい?

消費者相談室への相談事例

コーヒーを飲みすぎると、カフェインが牛乳中のカルシウム吸収を阻害するというのは本当ですか。

カフェインはミネラルを排出するので、コーヒーの飲みすぎはよくないといわれています。しかし、近年の研究では、カルシウム摂取が十分であればカフェインを含む食品を摂取することで、直ちに健康なヒトの骨が弱くなったり、骨粗鬆症を発症したりすることはないと結論付けられています(※1)。カフェインは、カルシウム排泄量をやや増加させ、カルシウムの吸収を低下させますが、レギュラーコーヒーを1杯飲んでもカルシム減少量はわずか2~3mgであることが報告されています(※2)。

(※1)Dietary Reference Intakes for Calcium and Vitamin D.Institute of Medicine, NationalAcademy of Sciences. 2010.
(※2)厚生労働省「統合医療」情報発信サイトより

検索結果に戻る