「低脂肪牛乳」と「加工乳(低脂肪)」の栄養素の違いは?

消費者相談室への相談事例

いままで「低脂肪牛乳」を飲んでいたのですが、近くのスーパーにはなく「加工乳」ならあるといわれました。
原材料をみると生乳、脱脂粉乳と書いてあったのですが、なぜ脱脂粉乳が使われているのでしょうか。栄養的には差がないのですか。

「低脂肪牛乳」は、生乳から乳脂肪を除いて低脂肪(0.5%以上1.5%以下)にしたものですが、「加工乳(低脂肪)」は、特定の乳原料(生乳や脱脂粉乳等)を用いて「低脂肪牛乳」に近い組成となっています。「加工乳(低脂肪)」は、「低脂肪牛乳」と乳脂肪分が同じであっても、乳脂肪分以外の成分組成によっては、栄養成分が「低脂肪牛乳」と少し異なる場合があります。商品の栄養成分表示で確認されることをお奨めします。一般的に「加工乳(低脂肪)」は、「低脂肪牛乳」と比べると価格が安い場合が多いようです。
脱脂粉乳は、生乳から乳脂肪を除いたものを乾燥させたもので、鮮度が大切な生乳に比べると、粉末なので長期保存がしやすいのが特長で、「加工乳」の原料などに使用されます。

検索結果に戻る